入れ歯(義歯)治療

患者様に最適な入れ歯を

患者様に最適な入れ歯を

歯を失ってしまった場合、そのままでは見た目が悪いだけでなく、食べ物をしっかり噛めなかったり、うまく発音できなくなったりと、様々な問題が出てきます。それだけでなく、周囲の歯が傾いたり動いたりして、歯並びや噛み合わせまで乱れてしまうおそれがあります。

そして、歯並び・噛み合わせの乱れは虫歯や歯周病のリスクを高めたり、肩こりや腰痛の原因となったりすることが分かっています。このような問題を防ぐためには、できるだけ早めに失った歯を補う「補綴(ほてつ)治療」を受けることが重要です。

入れ歯治療のご提案

入れ歯治療のご提案

入れ歯治療は、補綴治療としてもっともポピュラーな治療法ですが、「噛む力が弱い」「硬いものが食べにくい」「違和感がある」「バネが見えて目立つ」など、マイナスイメージをお持ちの方も少なくありません。

確かに、従来の入れ歯は上記のようなデメリットがありましたが、最近では機能面でも審美面でも優れた入れ歯が登場しています。当院では、患者様の様々なニーズにお応えできるよう、数多くの入れ歯を取り扱っています。ご要望やご予算に合わせて最適な入れ歯をご提案させていただきますので、どうぞお気軽にご相談ください。

保険の入れ歯と自費の入れ歯

  保険の入れ歯 自費の入れ歯
保険の入れ歯 自費の入れ歯
素材 素材が限定される(レジンのみ)。 種類が豊富で自由に選べる。
食感 床に厚みがあり、食べ物の温度や食感が伝わりにくい。 薄くつくられているため、食べ物の温度や食感が伝わりやすい。
装着感 違和感があるが、丁寧に調整することで軽減できる。 違和感が少ない。
見た目 入れ歯そのものや金属のバネが目立ちやすい。 自然な見た目で目立ちにくい。
費用 保険が適用されるため安価。 保険が適用されないため高額。

当院の取扱入れ歯

レジン床義歯(保険)
レジン床義歯(保険)

歯茎に当たる部分がピンクのプラスチックでできている入れ歯です。保険が適用されるため安価に作製でき、簡単に加工・調整できるのが特徴です。ただし、床の部分に厚みがあるため装着時に違和感があり、熱や味覚が伝わりにくいのがデメリットです。

磁性アタッチメント(自費)
磁性アタッチメント(自費)

インプラントを固定源とするタイプの入れ歯です。インプラントと入れ歯に磁石を取り付けて固定します。

コーヌスデンチャー(自費)
コーヌスデンチャー(自費)

空気圧によって外れにくくなっている「茶筒のフタ」と同じ原理を利用した入れ歯です。歯に装着した内冠とインプラント側の外冠を重ね合わせて固定します。金属のバネがないので目立ちにくく、しっかり固定されているためよく噛めます。

診療メニュー
診療方針
審美歯科・セラミック治療
ホワイトニング
歯周病治療
入れ歯(義歯)治療
予防・メンテナンス
浅草インプラントセンター
インプラント治療とは
当院のインプラント治療の特徴
インプラント治療の流れ
無痛インプラント治療
インプラントQ&A
安心の10年保証
料金表
治療例
  • 標準
  • 大
このページの先頭へ