歯科CT撮影サービス

歯科医院のための歯科CTサービス

インプラント治療などの高度歯科医療においては、正確な診査のために高精度な画像診断が欠かせません。台東歯科クリニック・浅草インプラントセンターでは、コーンビームタイプの歯科用CT「ファインキューブ」を導入しています。被曝量は医科用CTの約10分の1で、画像解像度は約2倍。先生方の診断・治療にお役立ていただけるよう、リーズナブルな価格でCT撮影依頼をお受けしていますので、お気軽にお問い合わせください

CT撮影装置

歯科用CT ヨシダ社製 アーム型CT診断装置「ファインキューブ」
X管焦点 0.2mm×0.2mm
管電圧 90KV
管電流 4.0mA
撮影時間 標準モード:19秒
高密度モード:37秒
画像データ解析 インプラントシミュレーション ソフトメーカー各社

撮影料金(税込み)

撮影料金(1回)
※同日2枚目撮影無料
¥15,750
同一患者の2枚目以降 ¥10,500

画像提供

  • DICOMデータ
  • Simplantデータ(フリーソフト付)
  • JPEGデータ

※CD-Rまたは紙データを患者様にお渡しするか、医院に送付いたします。

CTでの診査・診断は当たり前の時代です

私たち歯科医師がインプラント治療において心がけるべきことは、「安全第一」。これは、正確で的確な診査・診断なくして実現することはできません。

歯科用CTを使えば、正確で的確な診査・診断、そして安全性の高いインプラント治療が可能になります。また、術式や最終補綴物がセットされるまでの治療期間など、詳細な治療計画を患者様に提示することができ、それは医院と患者様の信頼関係を構築するうえでとても重要です。

パノラマだけの診断をもとに、経験や勘で補う手術には危険が潜んでいます。歯科用CTを導入していない歯科医院様は、ぜひ当院のファインキューブをご利用ください。

歯科用CTで確認できること ファインキューブの特徴
  • 顎の骨の高さや厚み、神経管の位置
  • 歯と神経管との立体的位置関係
  • 鼻の奥にある空洞の形や粘膜の状態
  • 撮影後、すぐに3D画像が表示される
  • 画像が鮮明
  • シムプラントソフトとの相性が良く、サージガイドを簡単に作製できる
CTでの診査・診断

インプラント治療の成功は、顎の組織の正確な情報を得られるかどうかにかかっています。従来のレントゲンでは、顎にある数多くの神経や各部位の形状を正確に把握できませんでしたが、CTを使用することにより、口内から顎の骨にかけて内部の状態を正確に把握できるようになり、安全かつ正確な手術計画をコンピューター上でシミュレーションできるようになりました。

レントゲン

患者様は椅子に座るだけ。頭の周りを機械が一周するだけで撮影が終了します。撮影時間は15秒ほどで、従来のレントゲンで20分以上かかっていたデータ処理時間は1分30秒に短縮されます。

診療メニュー
診療方針
審美歯科・セラミック治療
ホワイトニング
歯周病治療
入れ歯(義歯)治療
予防・メンテナンス
浅草インプラントセンター
インプラント治療とは
当院のインプラント治療の特徴
インプラント治療の流れ
無痛インプラント治療
インプラントQ&A
安心の10年保証
料金表
治療例
  • 標準
  • 大
このページの先頭へ