料金表

治療費のご案内

  • カウンセリング
  • インプラント治療
  • CTデンタルドック
  • 歯肉のメラニン色素除去
  • ホームホワイトニング
  • PMTC
  • お支払いについて
  • 医療費控除について

カウンセリング

インプラント治療(ブローネマルクインプラント)

(1)+(2)+(3)が治療費の合計になります。

(1)術前診査
パントモX線撮影および診断用模型 ¥4,400(税込)
CT撮影および3D分析料 ¥16,500(税込)
(2)インプラント本体・手術料

■手術料

1次手術料金 ¥110,000(税込)
2次手術料金 ¥22,000(税込)
無痛静脈鎮静法(オプション) ¥77,000(税込)
インプラント本体(10年保証含む) 1本 ¥242,000(税込)

■オプション 外科処置(骨が無い方)

GBR(骨造成術) ¥33,000(税込)
サイナスリフト(上顎洞底挙上術) ¥110,000(税込)

■オプション 骨移植

顎骨移植 約¥200,000(税込)
腸骨移植(大学病院にて) 約¥600,000(税込)
(3)インプラント上部構造

■アバットメント(インプラントの接合部:必要な場合)

マルチユニットアバットメント ¥55,000(税込)
エステティックアバットメント ¥66,000(税込)
プロセラアバットメント ¥110,000(税込)

■クラウン

エステニアクラウン(プレシャスメタル) ¥99,000(税込)
メタルボンドクラウン ¥132,000(税込)
オールセラミック(プロセラ)クラウン ¥154,000(税込)
(4)イミディエート・ファンクション
1日で固定式の歯が入る即日インプラント 片顎 ¥330,000(税込)

最新の予防診断システム「CTデンタルドック」

CTデンタルドックは、従来の歯科検診のワンランク上の診断システムです。CTを駆使して、歯やお口の病気について精密な検査を実施。将来起こり得るリスクを知り、適切な予防管理につなげます。

CTデンタルドックの検査内容
1回目(約2時間) 自費の入れ歯
・問診(生活習慣や既往歴などについてのご質問)
・CT撮影
・リスク検査(虫歯菌検査・歯周病菌検査)
・歯周病進行度検査
・プラーク(歯垢)チェック
・磨き方のワンポイントレッスン
・クリーニング
・検査結果と今後のリスク対策のご提案
CTデンタルドックのメリット
  • 2次元的なレントゲンでは分からない口腔内の状態を精密に診断できる
  • 口腔内の状態をしっかりと把握できる
  • 的確なリスク対策(予防)ができる
料金

1回目・2回目の合計で¥44,000(税込)

歯肉のメラニン色素除去

歯肉や粘膜にできる黒ずんだ着色(メラニン色素)を除去します。メラニン色素は、医学的に悪いものではありませんが、喫煙などによりメラニンの生産が高まると色が濃くなっていきます。

施術方法

歯科用レーザーを使用して、歯肉のメラニン色素を除去します(通常3回行います)。歯肉が再生してくると、メラニンを含まないピンク色のきれいな歯肉がよみがえります。

施術料金
1本分 ¥11,000(税込)
上顎 前歯(6本分) ¥55,000(税込)
下顎 前歯(6本分) ¥55,000(税込)

ホームホワイトニング

■上下で行う場合
・上下マウスピース
・トレー収納ケース
・ホワイトニングジェル:12本
・ホワイトニング前のクリーニング(PMTC)
・記録写真
¥68,200(税込)
■片方のみ行う場合
・上or下マウスピース
・トレー収納ケース
・ホワイトニングジェル:8本
・ホワイトニング前のクリーニング(PMTC)
・記録写真
¥39,600(税込)
■追加分ジェル
・ホワイトニングジェル 4本
¥5,500(税込)
■マウスピース 片方:¥5,500(税込)
上下:¥11,000(税込)

お口のメインテナンス PMTC

15分 ¥3,300(税込)
30分 ¥5,500(税込)
45分 ¥8,800(税込)
1時間 ¥11,000(税込)

※口腔内の状態によって施術時間が変わりますので、担当スタッフが施術前にご説明いたします。

このページの先頭へ

お支払いについて

インプラントを含めた自費治療費は、術前検査(CT撮影)時に全額(もしくは80%以上)を頂戴しております。なお、インプラント治療費は全額が医療費控除の対象になります。

医療費控除について

医療費控除とは、1/1~12/31の間に10万円以上の医療費を支払った場合、また、その年の医療費が所得金額の5%を超えた場合に還付金が戻ってくる制度です。

対象

  • 医師・歯科医師に支払った治療費(インプラント治療・歯周病治療・矯正治療など)
  • 通院のための交通費

ローンやクレジットカードを利用した場合

歯科ローンで信販会社が立替払いをした治療費も医療費控除の対象になります。その場合は、添付書類として歯科ローンの契約書の写しや信販会社の領収書をご用意ください。

申請方法

  • 申告書を作成して税務署へ直接提出、または郵送・インターネットで申告
  • 申請書は、税務署の窓口または国税庁ホームページよりダウンロードできます。
このページの先頭へ